ニュース

ショウジョウバカマ

春を告げる植物のひとつであるショウジョウバカマ(シュロソウ科)が見ごろを迎えています。中央植物園では屋外展示園のクリ・コナラの森で見ることができます。本種は、本州・四国の低山地から亜高山まで幅広い分布しています。

諸説ありますが、ショウジョウバカマの和名は、薄い紅色の花を空想の生き物である猩々(しょうじょう)の赤い顔にたとえ、ロゼット状の葉を身にまとう袴(はかま)になぞらえたといわれています。