花しょうぶ
     

ハナショウブの系統別の特徴と主な品種
   
  梅雨空のもと、露にしっとり濡れて咲くハナショウブは、見る人の心に安らぎを与えてくれます。県民公園頼成の森には70万株、600品種のハナショウブが植えられています。多様な花色を持ち変化に富んだ花容を備えたハナショウブの花を、心ゆくまでご鑑賞下さい。

江戸系
   

江戸時代の中期に松平菖翁により精力的に改良されたもので、花の色や形、花の大きさなどが様々で品種数が最も多くあります。
花びらの間にすき間がある三英咲きが多く、江戸っ子好みのキリッとした粋な感じをもつのが特徴。
庭園などに群生させて楽しむ目的をもって改良されてきたため、風雨や直射日光に強く栽培も容易で見事な群生美を見せてくれます。

 
初紅   小仙女   栄紫
初紅
極早生中輪
 
小仙女
極早生中輪
 
栄紫
早生中輪
         
清少納言   水玉星   千代の春
清少納言
中生中輪
 
水玉星
中生中輪
 
千代の春
中晩生中輪
         


肥後系
   

  江戸時代の終わり頃、江戸系の品種が肥後(熊本県)に運ばれて、室内鑑賞に向く鉢植え用として改良されたものです。
したがって、草丈は低めで花は堂々たる大輪で、花弁が豊に重なり合う六咲きが多く、葉・茎とのバランスもよく男性的風格を備えています。
しかし、風雨に弱く群生美の面でやや劣る欠点がありますが、肥後系の特徴を生かし庭植えでもよく咲き揃う優れた品種が作出されています。

 
清鶴   児化粧   七彩の夢
清鶴
中生大輪
 
児化粧
中生大輪
 
七彩の夢
中生大輪
         
熱砂の舞   業平   太閤
熱砂の舞
中生大輪
 
業平
中生極大輪
 
太閤
晩生極大輪
         


伊勢系
   

  江戸期の終わり頃から伊勢(三重県)の松坂地方を中心に改良されたものです。
花弁はちりめん地で深く垂れる三英咲きで女性的で柔和な感じを持っています。
鉢植え栽培を主とし葉と花が同じ高さにまとまることを理想としました。

 
神路の雪   美吉野   津の花
神路の雪
早生中輪
 
美吉野
早生中輪
 
津の花
早生中輪
         


長井古種系
   

  山形県長井市に保存されている一群で、江戸系よりも古い時代に育成されたもので古種系または長井系とも呼ばれています。
草丈が高く、花形も小さくて野性的ですが、色彩が変化に富み清楚な美しさがあります。

 
日月   長井小紫   山野辺
日月
中生小輪
 
長井小紫
中生中小輪
 
山野辺
中生小輪
         


雑種系
   

  自然条件ではできませんが、近年発達したバイオテクノロジー(胚培養)によりキショウブ、カキツバタなどの近縁種との交配によって生まれた雑種です。
まだ、品種としての出回りは少ないですが、今後の発展が期待されています。

 
愛知の輝   花月夜   稔の秋
愛知の輝
中生小輪
 
花月夜
中生小輪
 
稔の秋
中生小輪
         

アメリカ系
   

  日本とは異なったアメリカの気候風土のもとで多くの人たちにより品種改良が活発に行われています。
外国人の目により選抜育成されたものであるだけに、日本の在来種にない豊かな色彩と花容を備えているのが大きな特徴です。

 
スティプルド リップルス   ディープ オーキッド   ウォーレイ ピンク
スティプルド リップルス
中生中輪
 
ディープ オーキッド
中晩生大輪
 
ウォーレイ ピンク
晩生中大輪
         

写真提供 加茂花菖蒲園



ハナショウブの生育期と栽培管理
   
  栽培上の基本的条件
  日当たりの良いところ
PH5〜6の弱酸性の土壌
乾燥に弱いので敷きワラと夏場の潅水を
植え替えは4〜5年に1回行う
連作の場合は天地返しをして植え替える
   
生育期区分
管理作業・管理のポイント

ハナショウブの株分け法と植え方
   
ハナショウブの株分け法と植え方

いずれがアヤメかカキツバタ
   
  美女ばかり大勢いて見極めのつかない状態を表現したものですが、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブは互いによく似ています。次のような特徴で区別されます。
   
いずれがアヤメかカキツバタ