ニュース

サラノキ(サラソウジュ)初開花(国内3例目)

サラノキ(サラソウジュ)は「仏教三大聖樹」の一つとされ、この木の下でお釈迦様が入滅したとされています。「仏教三大聖樹」の他の2種はマメ科のムユウジュ(無憂樹:お釈迦様が木の下で誕生)、クワ科のインドボダイジュ(菩提樹:木の下で悟りを開く)で、いずれも熱帯雨林植物室に栽培展示しています。

これまでに国内でサラノキが開花したのは「草津市立水生植物公園みずの森(滋賀県)」と「夢の島熱帯植物館(東京都)」で、本園での開花は国内3例目となり、季節外れに開花した「仏教三大聖樹」のムユウジュとの同時開花は国内初となります。