ニュース

ヒマラヤの青いケシ開花

ヒマラヤの青いケシ(メコノプシス・ベトニキフォリア)の花が咲き、見頃を迎えています。

 

メコノプシス属は、「ヒマラヤの青いケシ」と呼ばれるケシの仲間です。

日本では、1990年に大阪で開催された「国際花と緑の博覧会」以来、多くの人に知られるようになりました。

メコノプシスの仲間は、ヒマラヤから中国西部の標高3000mから5000mの高山に分布する世界の高山植物と呼べる植物です。

寒さには強いのですが、高温に弱く、30℃以上の気温が続くと生育不良となり枯れてしまいます。

環境条件のよい場所でないと夏の暑さを越すことはできません。

 

中央植物園では、温度・湿度・照度、および明暗周期などを制御できる設備(人工気象器)に入れてサンライトホールにて展示しています。

現在、メコノプシス・ベトニキフォリアとメコノプシス・グランディス(Meconopsis grandis Prain)の2種類が開花しています。