ニュース

冬のお花見はいかが?

現在、園内では二季咲きのサクラ6品種が見ごろを迎えています。

サクラは通常春に花が咲きますが、中には晩秋から初冬と、春の2回花が咲くものがあり、「二季咲き性品種」とよばれています。このようなものは全国で十数品種知られています。

中央植物園では「サクラ・ウメ園」と「富山ゆかりのサクラコーナー」に以下の6品種の二季咲き性のサクラが植えられており、雪が降るまで楽しめます。

 

・コシノフユザクラ:富山オリジナル品種。平成29年に魚津で開催された全国植樹祭で皇后陛下(現上皇后陛下)がお手植え。

・コシノフクカサネ:富山オリジナル品種。一重と八重の花が混在する。

・ジュウガツザクラ(十月桜):10月末から咲き始める。ピンク色の八重咲き。

・コブクザクラ(子福桜):雄しべが多いのが特徴。白色の八重咲き。

・フユザクラ(冬桜):二季咲きの代表品種。白色の一重咲き。

・アーコレード:イギリスで作出された品種。花はピンク色の八重咲き。