ニュース

炎のように・・・カエンカズラ見頃

富山は冬本番となり、園内でも雪が残るようになってきました。現在、外の冬景色を楽しみながら、暖かく植物観賞出来る熱帯雨林植物室内のカエンカズラ(ノウゼンカズラ科)が最盛期を迎えています。

 

沢山の花が集まって咲く様子が、炎のように見えるので“火焔(カエン)”、つる性の植物を一般に“葛(カズラ)”と呼ぶので、カエンカズラという名がついています。ブラジル南部原産の亜熱帯性の植物です。日本では奄美大島以南の琉球諸島で栽培され、ブロックの壁や庭などの日よけ棚などに利用されています。植物園では、熱帯雨林植物室の展望台の手すりに絡ませています。オレンジ色の筒状の花は、12月から2月ごろまで見られます。