ニュース

見頃の食虫植物「トウカイコモウセンゴケ」

トウカイコモウセンゴケは、主に東海地方から近畿地方にかけて分布するモウセンゴケ科の食虫植物です。栄養分の少ない湿地や水がしみ出る崖などに生育しています。

 

食虫植物は光合成もしていますが、虫などを捕らえるために、からだの一部を変形させた、変わった姿をしています。本種の場合は、葉の表面に粘液を出す紅紫色の腺毛が多数あり、粘つく葉で小型の昆虫を捕らえます。

 

葉の位置から、10~20センチほどの高さに茎を伸ばし、直径1cm程度のピンク色の花を咲かせます。食虫植物に咲く、小さく可憐な花として、ぜひ高山・絶滅危惧植物室で見ていただきたい植物です。

 

腺毛が沢山ある葉

 

直径1cm程度の花