ニュース

魔術界で有名な「マンドラゴラ」開花

サンライトホールでは、マンドラゴラの開花株をミニ展示しています。

 

マンドラゴラ(Mandragora officinarum L.)はマンドレイクとも呼ばれるナス科の多年草で、地中海沿岸地域原産です。数種のアルカロイド(塩基性の有機化合物)を含んでいるため、かつては薬草として用いられていました。中世ヨーロッパでは、魔術や錬金術の原料として利用された経緯があります。太く複雑な根の形状が、しばしば人間に似た形になることから、多くの伝説や迷信を現代に残してきました。有名なものでは、引き抜く時に根がちぎれる音(叫び声)を聞くと死に至るので、紐でつないだ犬に引き抜かせて収穫していたといいます。

 

今回はその特徴的な根も観察できるよう、液浸標本も展示しています。

J.K.ローリングの小説「ハリー・ポッター」シリーズをはじめ、多くのファンタジーなどの創作に登場します。とても有名ではあるものの国内では栽培は非常にまれで、マンドラゴラが実在の植物であることを知っている方や、ましてや実物を見たことのある方は多くないと思われます。

 

ぜひ、この機会に富山県中央植物園へ。