マスコミリリース

秋の七草が見頃です

立秋を過ぎても暑い日が続いていますが、植物園では秋の七草のうち5種類の花が見頃を迎えています。

秋の七草は、万葉集の中の山上憶良が詠んだ歌に由来します。

 

秋の野に 咲きたる花を 指折り(おゆびおり)かき数ふれば 七種(ななくさ)の花

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花

 

春の七草は七草粥にして食べることで知られていますが、秋の七草は食用ではなく、花が美しく鑑賞して楽しめる植物が選ばれています。植物園の屋外、日本の植物ゾーンの低地草原では、撫子(カワラナデシコ)や萩(ケハギ)、朝顔(キキョウ)が7月初旬から咲き始め、今頃は女郎花(オミナエシ)、葛花(クズ)も盛りとなってきました。色とりどりで美しく、一見の価値ありです。