マスコミリリース

ユチャとダイリチャが見頃です

師走も近づき、本格的な冬を迎えつつありますが、園内の「雲南の植物」エリアでは、この時期に開花するツバキの仲間のユチャとダイリチャが見頃を迎えています。

ユチャ(油茶)はサザンカに近縁な常緑樹で、中国の長江流域以南では種子から油を採るために広く栽培され、「油茶」の名はこれに由来します。サザンカと同様に晩秋から初冬に開花し、花は白の一重咲きです。現在、樹いっぱいに花をつけており、遠目に見ると雪をかぶったように見えます。

同エリアでは、チャノキに近縁な野生種で、中国の雲南省西部とミャンマー、タイに分布するダイリチャ(大理茶)も開花しています。花や葉は日本で栽培されているチャノキに比べて一回り大型で、地域によってはチャノキと同様に製茶に用いられます。今年は、例年よりも花着きがよいようです。

ともに12月上旬までが見頃です。